パリのワイン食堂 銀座にあるビストロでダントツの人気

2020年5月は倒産の危機だった「パリのワイン食堂」?

銀座のビストロは何軒あるのだろうか?銀座の飲食店で最大派閥は寿司屋さんで400軒あるそうだ。第二派閥が意外にもおでん屋さんだそうだ。ビストロはどこが美味しいのだろうか?そう思って、銀座の裏路地を歩いていると並んでいるビストロあある。そう、ここは連日大行列のビストロ。

銀座のビストロは激戦なのだろう。理由は簡単でどんどん倒産しているお店がある。銀座を街を1丁目から8丁目までくまなく歩くと面白い。

空き店舗のテナント募集の張り紙の数がものすごく多い。

新型コロナウイルスの影響で、銀座の社用族が徘徊しなくなった今は、本当に実力のある店しか生き残れない感じである。

パリのワイン食堂も2020年の5月には、ランチタイムに誰もいない日があった。信じられない光景だけど、大行列のビストロは閑散としたお店になっていた。

「今日で、5名様めです」
そう言われると、切なくなる。

なんとも悲しい現実だった。

商売も考え直したのだろう。

お弁当販売もやってきた。

ワインだって、半額セールを実施した。

でも、お客さんはまばらだった。

メニューが削減され始めて、「これは本当にやばいのだな」と思ったのが昨年の秋。

2021年の7月は、ランチタイムに大行列が戻ってきている。

お客様の大半は、おばさまたちであることは言うまでもないのだが。

ランチメニューはWebで確認することができるパリのワイン食堂

パリのワイン食堂のランチメニューは、Webサイトで確認することができる。

毎月、前半と後半でランチメニューが変わるけど、ほぼルーティーンの感じがする。

鴨の胸肉ローストが一番早くなくなるメニューで、当日の日替わりメニューも早々に売り切れになる。

 

お手頃の価格で食べれるビストロ料理がばりうまなんです。

日替わりのカボチャスープ

牛蒡スープが定番ですね。

ワインではなく、葡萄ジュース。

これを飲みながら気分はワインなんです。

ワインを飲んだら最後ですね。

それ以後の仕事に対する意欲は急激に減少して

お昼寝モードになります。

若鶏のポワレですね。これは日替わりメニューでした。

泡が出ていますが、これもノンアルコールシャンパンです。

新型コロナウイルス蔓延後、なぜかご飯はたいてなくてバケットなんです。

バケットのお代わりは自由です。

どんどん食べましょう。

鳥の胸肉のサラダです。

鴨のローストです。これが一番人気ですね。

ハンガリー産のカモです。

豚肉です。

ハンバーグのサイズが小さくなったと怒っている後輩がいますけど、本当に二回り小さくなった感じです。フライドポテトの量も減少したような気がします。

リンゴのプディングケーキです。

これは生ハムのサラダです。

大変、満足できるビストロですが、問題があります。

ランチを食べ終わったおばばたちが居座るのです。

これを早めに追い出さないと回転しないので、

ギャルソンは頑張って、お会計させてお席を開けさせてください。

パリのワイン食堂へのアクセス

東京都中央区銀座3-13-11 銀座芦澤ビル1F
050-5593-6091

東京メトロ「東銀座駅」3番出口 徒歩1分
東京メトロ「銀座駅」A6出口 徒歩5分
東銀座駅から158m

営業時間

[月〜金] ランチ11:30〜14:00(L.O)
ディナー 15:00〜20:00
[土・日・祝]
ランチ11:30〜15:00(L.O)
ディナー15:00〜20:00
アルコール類は19:00L.O
フードは19:30L.O
日曜営業
定休日 なし

子供づれ可能 小さなお子様とご一緒にどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA